国立大学法人 岡山大学

LANGUAGE
ENGLISH
MENU

組織経営専攻(ビジネススクール)

(1)組織経営専攻の特徴

組織経営専攻は、2006年に岡山大学のビジネススクールとして設置された専攻であり、経営学講座と会計学講座の教員が所属しています。また、2022年4月からは地域ビジネス学位プログラムを運営します(詳細は、募集要項 | 岡山大学大学院 社会文化科学研究科 (okayama-u.ac.jp)を参照してください)。
本専攻では、ビジネスパーソンが受講可能なように、講義は夜間(18:00以降の時間帯)に開講しています。本専攻の博士前期課程修了者は、通常、修士(経営学)の学位を取得します。経営学の修士号は、しばしばMBA(Master of Business Administration)と呼ばれ、ビジネスに関する高度な知見を有していることを証明する有効な手段の一つとなっています。また、博士後期課程に進学して、博士(経営学)の取得を目指すケースもあります。
経営学講座と会計学講座には、それぞれ学位プログラム(研究深化)と学位プログラム(高度人材育成)とが設置されています。各講座における学修内容の概略は下記の通りです。

(2)経営学講座

学位プログラム(研究深化)では、企業のマネジメント活動について、主に経営学(社会科学)の視点から諸現象の説明・課題解決を志向した研究を行うことができる人材の育成を目指しています。
学位プログラム(高度人材育成)では、主に実践的なマネジメントの視点から、とくに現実における課題解決を志向するリーダーの養成を目指しています。経営学を中心とした社会科学系の専門知識を一般・留学生・社会人の多様なバックグラウンドを持つ学生とともに学び、現実の課題に対する察知・理解・説明・解決力を伸ばしていきます。

(3)会計学講座

学位プログラム(研究深化)では、会計学におけるこれまでの知見を調査し、自らの視点で新たな研究を行うことができる人材の育成を目標としています。また、税理士試験の科目免除を希望する学生向けの修士論文指導は、このプログラム内で行います(詳細は、税理士試験の科目免除 | 岡山大学大学院 社会文化科学研究科 (okayama-u.ac.jp)を参照してください)。
学位プログラム(高度人材育成)では、公認会計士試験や税理士試験を受験する学生向けの教育や、企業等における財務管理や会計システムの設計・運用に関する責任ある職位を志向する学生向けの教育を行います。

研究指導の様子
研究指導の様子