国立大学法人 岡山大学

LANGUAGE
ENGLISH
MENU

修了生・在学生の声
Voices of Graduates and Students

大学院生 Students

税理士としてスキルアップを

原 俊明さん
Mr. HARA, Toshiaki

社会文化科学研究科 組織経営専攻 会計学講座  渡邊洋一税理士事務所 副所長 株式会社HaraRe 代表取締役社長

博士前期課程1年(2019年1月執筆)

資産除去債務の会計と企業価値

私は現在、税理士事務所に勤務しており、中小企業の会計・税務に携わっております。その中で、企業の代表者から経営に関する様々な相談も多く、知識不足を感じることがあり、税理士としての知識を高めようと大学院に通うことにしました。研究テーマは「資産除去債務の会計と企業価値」です。

大学院の特徴として、社会文化科学研究科が、文学部,法学部,経済学部の3つの学部を基盤としていることにより、幅広い学問の勉強が可能となっています。現在は、「制度会計論」「租税法概論」「企業戦略論」「リーダーシップ論」といった講義を受講しており、会計学・税法学・経営学・心理学といった実務に関連する勉強ができています。どの仕事もそうだと思いますが、知識の幅が広がれば、可能性も広がると考えています。講義選択の自由度が高い岡山大学大学院では、専門・専門外を含めてのスキルアップが可能であると思います。

戻る