国立大学法人 岡山大学

LANGUAGE
ENGLISH
MENU

修了生・在学生の声
Voices of Graduates and Students

修了生 Graduates

岡山での研究を中国で生かす

孫 悦さん(東北財経大学講師)
SUN, Yue

社会文化基礎学(在学時)

2009年度修了(ダブル・ディグリープログラム)

自治体危機の発生および再生をめぐって ―松下圭一の理論の再検討―

2008年から2010年まで、岡山大学と吉林大学のダブルディグリー制度の留学生として、岡山大学社会文化研究科で一年半間の研究生活を送りました。その時は23歳。就職した後、いろいろな都市へ行きました。やっぱり一番好きなのは岡山です。美味しい桃、葡萄、桃太郎の吉備団子、素晴らしい半田山の桜。優しい先生、可愛いいウサイリちゃん、青春の記憶と晴れの国で過ごした日々はとてもいい思い出です。

2013年、博士を卒業した後、現在、東北財経大学マルクス主義学院で講師を勤めています。担当科目は思想道徳修養と法律基礎です。岡山大学社会文化研究科での研究は現在の研究の基礎になりました。都市問題に関心をもっていますが、指導教官の荒木先生の影響で、アリストテレスに関する理論も授業内容に取り入れています。善の知識は東北財経大学の学生たちにも大好評です。機会があれば、研究者としてまた岡山大学社会文化研究科に行って、研究を一層深めたいです。

戻る