国立大学法人 岡山大学

LANGUAGE
ENGLISH
MENU

税理士試験の科目免除

(1)修士の学位取得による税理士試験の科目免除制度

税理士法改正により、修士の学位等取得による試験科目の免除制度については、試験の分野(税法科目、会計学科目)ごとに、いずれか1科目(※注)の試験で基準点を満たした者(いわゆる一部科目合格者)が、自己の修士の学位等取得に係る研究について国税審議会の認定を受ける制度に改められました。国税審議会から認定を受けた場合には、税法科目であれば残り2科目、会計学科目であれば残り1科目にも合格したものとみなされて試験が免除されます。

(※注)税法科目にあっては、所得税法又は法人税法以外の科目でも構いません。また、試験合格の科目と研究の内容が同一(例えば、所得税法に合格した者が所得税法関係の研究をするなど)であっても構いません。

詳細については、国税庁ホームページ・税理士試験情報をご覧ください。

ホーム>調達・その他の情報>税理士試験情報>税理士試験に関するQ&A>試験科目の免除について

 


税理士を目指す方へ 〜メッセージ〜

山本 晋さん
 税理士(中国税理士会倉敷支部所属)
 非常勤講師(岡山大学大学院社会文化科学研究科)

私は岡山大学大学院を修了(税法専攻)ののち、倉敷にある税理士法人で10年間勤務、6年ほど前に独立し倉敷に事務所を構えております。税理士業の魅力は様々あるかと思いますが、10数年にわたり倉敷で税理士業を行ってきた私にとって、それはクライアントである中小企業の成長を共に喜べることでした。税理士に寄せられる相談は・・<続きを読む>・・


 

(2)指導教員

会計学科目免除については該当する経済学系の教員、税法科目免除については該当する法学系又は経済学系の教員で対応しています。なお、経済学系における税法の研究指導については、国税庁出向教員(令和元年10月からは梶谷尚史教授)が担当しています。

組織経営専攻 会計・財務専門職育成プログラム

法政理論専攻

教員の連絡先(一覧)

(3)入試情報

入試情報はこちら